“いつか使う”が役立つこともある。

お家の中をすっきりさせたくて、

お片付けに夢中です。

 

以前、断捨離に飛びついた時、

「いつか使うはやってこない」

「今使っているモノ以外は全て手放す」

そんな言葉が印象的でした。

 

とてもシンプルな方法で、

その通りに処分していけば

確実にモノは減ると思います。

 

でも、なんとなく寂しい。

迷ったらとりあえずとっておいても

いいと思う。

もうなくても大丈夫。って思える時が

きっとくる。

その時が、手放し時のような気がします。

 

こんなだから

我が家は片付かないのかな…。

 

でも、子供たちの“いる・いらない”の

分け方を見ていると

そんな風に感じるのです。


f:id:sorairohanairo:20190324142434j:image

 

学生の頃に使っていた、カラーボード。

 

捨てるタイミングは何度もあったはずなのに

直感だけでずっと取っておきました。

 

なんとなく「今だ!」と思い

娘にあげたら大喜び。

すぐにお家を作りはじめました。

 

たまたまだけど、

この日のために取っておいたような

不思議な気持ちになりました。


f:id:sorairohanairo:20190324143122j:image

 

同じく学生の頃に使っていた、

トレーシングペーパー。

 

写し絵にハマっている子供たちに

使ってもらいました。

 

折り紙よりさらに薄いので

この紙すごーい!と驚いた顔^^

 

ちゃんと役立つ時がきて良かった。

 

モノと向き合う時は、

その時の気持ちに素直に従う。

私にはそれが合っているようです。


f:id:sorairohanairo:20190324143604j:image

 

息子が写すのは、

仮面ライダーウィザードのリング。

 

わぁー…これは大変そう。

そして、なぜ今頃のウィザード。

 

親子揃って、

今の時代にはついていけなそうです^^