プライスレスの手作り餃子。

週末に餃子を作りました。

 

普段は、買ってしまう餃子。

冷凍庫でスタンバイして、

食べたい時に、食べたい分を焼くだけ。

 

手作り餃子は、

手間もかかるし、費用もかかる。

損得で決めるのはおかしいけれど

そう思うと、やる気が出ないでいました。

 

でも、ちょうど挽肉が余り、

ハンバーグって気分でもなく、

キャベツまで揃ってる。

 

もう、これは

そういう流れなんだなと

具材たちに後押しされました^^

 

餃子を包むのは、結構得意なんです。

幼い頃、母に教わって一緒に作ってたのかな。

記憶は曖昧ですが、

体はしっかり覚えています。

 

珍しい光景に

子供たちも近寄ってきて、

「ママすごーい!!」

 

折り紙が得意な息子も、

「やってみたい!!」と参戦。

初めてにしては、なかなか上手。

 

そして焼くのは、パパの担当^^

最近メキメキと餃子焼きレベルが

アップしています。

 

フライパンの上に大皿をかぶせて、

パカッとひっくり返す。

 

みんなでドキドキしながら見つめる。

 

フライパンをそーっと外すと、

ぶわぁーっと湯気が広がり

こんがり焼けた餃子の出来上がり。


f:id:sorairohanairo:20190416094550j:image

 

いつもより美味しくて、なんだか嬉しい。

 

見ず知らずの人が食べたら、

市販の餃子の方がきっと美味しい。

 

でも、手作り餃子の良さって

そこじゃなかった。

 

値段とか時短でもなかった。

 

ぴったりの表現が浮かばないけれど、

安心と温もりを感じました。

私の中では達成感も^^

 

だからと言って、

きっと毎回は作らないから

たまにのお楽しみ。

今度はもっと沢山作ろう。