こんな日に限っての胃腸炎。

娘が体調を崩しました。

 

職場に連絡がきて、

時間休をもらい、急いでお迎えへ。

 

嘔吐があり、ダルそうな様子。

でも、帰りたくないという娘。

 

何しろ昨日は予定盛り沢山。

私も子どもたちも、

あっちへこっちへ、大忙しの日でした。

 

それなのに、こんな日に限って。

 

急な予定変更に

次々と電話をかけ、謝り、状況を伝える。

 

子どものことを一番に心配しなきゃいけないのに、

目先のことで頭がいっぱいに。

 

働いていなければ、

習い事をしていなければ、

役員をしていなければ、

誰にも迷惑をかけることなく

子どもの側にいてあげられるのに。

 

正解なんて分からないけど

こんな自分が、ただただ情けなくて。

 

娘は胃腸炎だったようで

昨夜も眠れず可哀想でしたが

少しずつ良くなってきました。

 

突然、自分が不利になることが起きた時、

その人の人間性が出る。

 

色々な人とやり取りして

そんなことを痛感しました。

 

「それはちょっと…、どうにかならない?」

 

「こっちは大丈夫だから気にしないで!

今は子どもの側にいてあげて!」

 

急に繕えない本性。

 

相手を思いやることができる、

心にゆとりがある、

そんな温もりに救われました。