玄関の生花と向き合う。

「家を整える15分」

久しぶりになってしまいましたが、

今日は玄関の花を見直しました。

 

十周年記念でもらったお花。

一週間くらい玄関に飾っていましたが、

少しずつ枯れてきてしまいました。


f:id:sorairohanairo:20190624092739j:image

枯れてパサついてしまった花を

一本一本抜いていくと、

スカスカして寂しく見えたので

花瓶に移しました。


f:id:sorairohanairo:20190624093236j:image

バランスはいまいちですが、

小さくなってスッキリしました。

 

手前のバラは、少し揺らすだけでも

ヒラヒラと花びらが落ちてしまうので

そーっと、そーっと

玄関まで運びました。

 

枯れかけていても

まだしっとりと水気を感じるので

捨てる気にはなれず、

花びらは水面に浮かべました。

 

人肌の温もりと、生花のしっとりさは、

どことなく似ていて“生”を感じます。

 

生花が朽ちていくと

どのタイミングでどうするべきなのか

分からなくなります。

 

そのままにしておくのも

捨ててしまうのも

どちらも申し訳ないような…。

 

生花は生きているから

迷うのも当然なのかもしれませんが、

ちょっと苦手意識を持ってしまい

気軽に買うことができません。


f:id:sorairohanairo:20190624095508j:image

お花が入っていたバスケット。

 

カゴ好きには嬉しいオマケ^^

鳥の巣のような少し歪んだフォルムが、

これまた可愛い。

 

さて、何を入れようかな。