子どもが買ってくれたもの。

ここのところ、疲れが取れません。

楽しいイベントが終わり、気が緩んだのか

風邪をひきました。

 

コロコロ変わる天気と同じように

自分の体と心がコントロールできなくて

浮き沈みの激しさに戸惑います。

 

こんな時は、ボーッとしていればいいのに

余計なことばかり考えてしまって…。

 

やりたいこと、やるべきこと、安定、

楽しさ、お金、時間、

今の仕事のままでいいのかなとか、

 

いくら考えても、どこにも

たどり着かないことが分かっているのに

頭の中で、ぐるぐる、ぐるぐる…。

 

“あっけらかん”が欲しいなぁ。

 

そんな気配を察したのか、

子どもからプレゼントをもらいました。

 

病院の帰りに立ち寄った、近所の小さなスーパー。

「じぶんのお金で、お菓子かっていい^^?」と、

子どもたちも財布を持ってきていました。

 

「ママは みないでね!」とふたりでヒソヒソ。

小さな声で聞こえる、サプライズ計画^^

 

家に着いてから

ニコニコした顔で近寄ってきて、

「ちょっと早いんだけどね、おめでとう」


f:id:sorairohanairo:20190627094942j:image

一足早い、誕生日プレゼントでした。

 

子どもたちがお金を出しあって

プレゼントを買ってくれる。

こんな日がくるなんて。

嬉しいな、幸せだな。

 

ちょこっとしたお菓子ですが、

気持ちがうれしい。

私の好きなコーヒー味、

いろいろ考えて選んでくれたんだね。

ありがとう。

 

 

この話にはオマケがあって、

子どもたちは自分で食べるお菓子も

ちゃっかり買っていました。 

 

しかも、プレゼントのお菓子より

高くて美味しそうなお菓子!

さすが!子どもらしくていい。

 

冗談で「こっちもいいな♪」と言ってみたら

「ママにもひとつあげようと思ってたの♪」って。

どこまでがホントか分からないけど、

大切なのはそこじゃないって

気づかせてもらった。

 

そうだよね、

もうややこしい色々なことは

スコーンと追いやって、

やっぱり一番は、気持ち。

相手を思いやる、その気持ち。

 

自分の思いばかり巡らせていた時に

子どもから大切なことを教わりました。

ちょっとスッキリ。頑張ろう。