ビタントニオのヨーグルトメーカーを愛用中。

甘酒を作ってから、発酵食品にハマっています。

 

そして、甘酒の次はヨーグルト。

毎日のように食べたいけれど、お金がかかるので、

たまーに買っていました^^

 

そんな時に知った“ヨーグルトメーカー”

これはすごいと目から鱗!

牛乳に、種菌となるヨーグルトを混ぜるだけで

全部がヨーグルトになるなんて、魔法みたい。

“発酵”ってやっぱり面白い。

 

昔の人は、家電に頼らず色々手作りしていたのかな。

子どもたちにも、そんな昔ながらをもっと伝えたい。

その為にも、まずは私が試さないと。

 

なんて言いながらも、ヨーグルトは家電任せです^^

 

▼ビタントニオ『ヨーグルトメーカー』

種類がたくさんあって迷いましたが、

価格・機能・見た目、全てヨシ!のこちらに決定。

 

価格は、4千円代で買えました。

全体的に見ると3千円代が安い方で、

高いものは1万円以上します。

 

ずっと使い続ける自信がなかったので、

低価格の物から選びました。

ちゃんと続けられるようになったら、

その時は高価な物に買い替えてもいいかなと。

 

機能面で重視したことは、

牛乳パックをそのまま使ってヨーグルトができること。

ヨーグルトの他にも、塩麴や醤油麹、甘酒が作れること。

 

そして最後は見た目。

とてもシンプルなデザインで、一番気に入りました。

ボタンが少なく、操作が簡単なところも良かったです。

 

▼購入後にこちらを見つけました!木製も可愛い…。

 

 

 

ビタントニオのヨーグルトメーカー

箱も、とってもシンプルでした^^

 

ビタントニオのヨーグルトメーカー

  (左から)

・ヨーグルトメーカー本体

・フタ

・専用容器(フタ付き)

・牛乳パック用のフタ

・スプーン

 

牛乳パックの底まで、しっかりかき混ぜられるように

柄の長いスプーンが付いています。

ヨーグルトを取り出す時にも便利です!

 

ビタントニオのヨーグルトメーカー『レシピ付き』

専用のレシピも付いていました^^

ヨーグルトや麹、甘酒、天然酵母などの発酵食品から

ローストビーフや鶏ハム、煮豚などの低温調理まで

全部で30種類くらいあります。

 

ビタントニオのヨーグルトメーカー『レシピ付き』

次は、ヨーグルトメーカーで甘酒づくりに挑戦しよう。

(甘酒は、炊飯器でも作ってみたい^^)

 

もう少し長くなりそうなので、

実際のヨーグルト作りについては

また明日書きたいと思います。

 

皆さん、楽しい週末をお過ごしください^^