R-1ドリンクで作る、簡単おいしい自家製ヨーグルト。

昨日に続き今日も、

ヨーグルトメーカーのお話です。

 

ビタントニオのヨーグルトメーカーを購入して以来、

毎朝ヨーグルトを食べることが

習慣になりつつあります。(たまに忘れます…)

 

↓我が家でヨーグルトを作るときの材料

f:id:sorairohanairo:20190630061141j:image

・R-1 ドリンクタイプ

・成分無調整牛乳

・ヨーグルトメーカー

・牛乳パック専用のフタ(付属品)

・ロングスプーン(付属品)

 

種菌となるヨーグルトは、

混ざりやすいドリンクタイプを使用しています。

 

ドリンクタイプを種にしても、

飲むヨーグルトではなく

普通のヨーグルトができます^^

(発酵時間などによって変わります) 

 

基本のヨーグルトの作り方

使用する道具類は、あらかじめ消毒しておきます。

熱湯をかける方法もありますが、

毎回はちょっと面倒…。

我が家では食品にも使える、

アルコールスプレーで拭いています。

 

①牛乳を常温にもどす

これに意外と時間がかかるので、

レンジを使っています。

牛乳を横に倒して入れて、500Wで約2分。 

 

この方法にしてから、

作りたい時すぐに始められるようになりました。

 

②牛乳に種菌となるヨーグルトを入れて、

 よくかき混ぜる

f:id:sorairohanairo:20190630062517j:image

そのまま入れたら、溢れました^^;

ヨーグルトを入れる前に、牛乳を100ccほど、

別容器に移しておくと溢れません。

(そのまま飲んでしまいます^^)

 

③牛乳パック専用のフタをして、

 ヨーグルトメーカーにセットする

f:id:sorairohanairo:20190630162639j:image

このフタ、ちょうどよくカポッと被さります。

なんだか可愛い見た目です^^

 

④タイマーを『40℃・7時間』にセット

f:id:sorairohanairo:20190630162901j:image

後は何もせずに、ほったらかし。

時間になりピーっと鳴ったら完成です!

 

肝心の出来上がりヨーグルトの写真を

撮り忘れました…。(今度追加します)

 

とろっと濃厚なヨーグルトが、

たっぷり1リットルできます。

 

なめらかな口当たりで、そのまま食べても美味しい。

子どもたちは、

ハチミツを入れて食べるのがお気に入りです^^