逃げてもいいことを伝えたい。

ペコちゃんのほっぺに、

ロウソクを立ててお祝い。

アンバランスで面白い。

 

大きな丸いケーキじゃなくて十分。

子どもたちも喜んでた^^

 

娘が弾く、ぎこちないリズムの

“ハッピーバースデイ”

どうにか合わせる、嬉しい歌声。

 

乾杯する前に飲んでしまい

じっと見つめられて気付く。

「あ~、ごめんごめん!」

 

やわらかい空気と、

この適当さが心地いい。

 

歳を重ねるのも悪くないなぁ。


f:id:sorairohanairo:20190704092749j:image

コーヒーを飲みながら、ふと横を見ると

サッカーボールがチラリと覗いてる。

 

いつもだったら

「もー、また片付けないで行ってー!」と思うのに、

今日はそれすら可愛く見えてくる。

 

*****

 

昨日帰宅してから、ふと考えたこと、

 

親が嫌なことから逃げていたら

子どもに示しがつかないと思った。

 

でも、本当に嫌なことがあった時、

無理に真正面からぶつからなくてもいい。

逃げるが勝ちでもいいから、

自分の身を、心を、守ってほしい。

そう思った。

 

大きな壁を正規ルートで

乗り越けるだけが正解じゃない。

時間をかけて回り道してでも

スキップしながら行ける方法を

探せるようになって欲しい。

 

もしかすると、

行かなくてもいいのかもしれない。

 

頭を柔らかくして、

自分に合った打開策を練る。

子どもにはそっちを伝えたい。

そんな風に思いました。