絵本から教わること。

12月13日、金曜日。

 

暖かかった昨日とは一転して、

真冬の寒さが戻ってきました。

 

気温差で体調を崩さないように

気をつけて下さいね。

 

昨夜、息子が学校で借りてきた本を

一緒に読みました。


f:id:sorairohanairo:20191213092403j:image

『ぼくとかあさん』

 

ぼくとおかあさんは

山奥の小さな家でふたり暮らし。

 

おかあさんはいつも優しくて

泣き出すと、すぐに飛んできて

抱きしめてくれた。


f:id:sorairohanairo:20191213092640j:image

 

どんなに貧しくても

お友達と同じように

新しい靴を買ってくれた。

 

自分のものは買わないで

ぼくのものばかり揃えてくれた。

ぼくを一番に考えてくれた。

 

 

大人になり、家を出て、

新しい生活を始めたら

すっかり町の暮らしが楽しくなった。

 

おかあさんから電話がきても、

「いま、忙しいんだよ…」

「そのうち帰るから…」

 

しばらくして

しぶしぶ家に帰ってみると

玄関には、靴がいっぱい並んでいる。

「おかあさん、寂しいなんて言って、

 こんなにお客さんが来てるのに!」


f:id:sorairohanairo:20191213093435j:image

 

でも、違った。

よく見てみると、全部ぼくの靴だった。

 

ほくは泣いた。

かあさんは、ぼくをひとりにしなかったのに、

ぼくは、かあさんをひとりにした。

 

** 

 

ぎゅっと短くすると、

こんな内容の絵本でした。

 

大人になると

大切に育ててもらったことを忘れて

ひとりで大きくなったような気になる。

 

自分の“今”に忙しくなり

親のことを後回しにしてしまう。

 

また今度、落ち着いたらね。

 

でも、時間なんて勝手に空かない。

落ち着いたら、きっと他のことをする。

 

大切な時間は、

自分で確保しないといけない。

 

一昨日から

父が入院することになりました。

 

幸いにも、手術などはなく

点滴治療で大丈夫とのこと。

 

父も心配ですが、

母のことも心配です。

 

会いにいけたらじゃなくて、

ちゃんと会いに行こう。