“今”の楽しみかたを教わる。

1月6日、月曜日。

 

日差しは暖かいけれど

北風ビュービュー。

 

久々に自転車で買い物に行ったら

体の芯まで冷えました。


f:id:sorairohanairo:20200106202340j:image

 

昨日、帰り途中に見た景色。

 

青空と雪の珍しい組み合わせは、

幻想的で綺麗でした^^


f:id:sorairohanairo:20200106202521j:image

 

今回の帰省で、

子どもから“今”の楽しみかたを

教わったような気がします。

 

ちょっとでも雪があれば

雪だるまを作ろうとする。

 

雪の上でゴロゴロ寝転がる。

 

サービスエリアの広場でも

雪遊びを満喫する。

 

靴下が濡れても

服が濡れても

髪の毛が濡れても

その時は気にしない。

余計なことは後で考える。

 

自分の気持ちに素直に突き進む。

小さな発見に目を輝かせる。

やりたいことを諦めないで

ちゃんと楽しむ。

 

大人は色々なことを知りすぎて、

頭の中だけ先走って、躊躇する。

 

雪遊びは寒くて疲れる。

濡れると後が大変になる。

早く帰らないと渋滞する。

 

「面倒、大変、疲れる」が邪魔をする。


f:id:sorairohanairo:20200106204003j:image

子どもたちに誘われて

仕方ないなーと、

寄り道して見れた景色。

 

子どもは、“今を楽しむ”天才でした^^

 

過去の経験を参考にしたり

未来を予測して動くことは、

暮らしの中で必要なこと。

 

でも、

もうちょっと頭を柔らかくしたら

もっと“今”を楽しめるのかな^^