子どもたちの残暑見舞い。

8月7日 金曜日

 

今日も朝からモワッとした暑さ。

家の中で涼しく過ごそう。


f:id:sorairohanairo:20200807113333j:image

 

エアコン意外の電化製品を消して

部屋を薄暗くするだけでも

少し涼しく感じます。

 

昨日、子どもが学校で書いた手紙を

持ち帰ってきました。

 

息子はハガキで

おじいちゃんとおばあちゃんへ。


f:id:sorairohanairo:20200807113656j:image

 

“あついけど げんきかな

 ねっ中しょうに ならないようにね

 

 しんちょうも のびているんだよ

 コロナがおわったらかな 

 いつか あそびにきてね”

 

「身長も伸びているんだよ」の言葉に

会えない期間の長さを感じて

ちょっと切なくなりました。

 

子どもながらに

色々感じとっているのですね。

 

 

娘は便箋で、幼稚園の先生へ。

 

“先生、お元気ですか?

年中のとき お世話になりました”

 

「お世話になりました」

こんな言葉が出てくるなんて

びっくり^^

 

その後に

幼稚園の楽しかった思い出が

たくさん書いてありました。

 

“これから とても暑くなるので

気をつけてください

 

コロナウイルスに

負けないでください”

 

娘が卒園後

先生はお引っ越しをして

東京の保育園で働いています。

 

口には出さなかったけれど

心配してたんだね。

 

 

いつもは隠れ気味な優しさが

手紙に溢れていて

ちょっと安心しました。

 

会いたい人に会えない日が

続いています。

 

でもこうして

想いを伝えることはできると

教えてもらいました。

 

じいじとばあば

そして幼稚園の先生、

嬉しそうに手紙を読む姿が

目に浮かびます^^